読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teraluのガジェット考察

スマホなどのガジェットやアプリの考察、たまに雑記など

Galaxy S7(SM-G930FD)レビュー[前篇]

f:id:teralu:20161111221306j:plain

ずっとPixelのグローバル版を狙っていましたが、しばらく手軽な値段にならなそうなので以前から気になっていたGalaxy S7を買っていしましました。実機が届いて数日使用したので今回はそのレビューを行います。

 

レビュー

スペック

  Galaxy S7(SM-G930FD)
ディスプレイ 5.1" 2560x1440
Super AMOLED
サイズ 142.4 x 69.6 x 7.9mm
重量 152g
バッテリー 3000mAh
RAM 4GB
ROM 32GB
CPU Exynos 8890 Octa
Octa-core 2.3 GHz + 1.6 GHz, Octa-Core
スロット MicroSD(256GBまで)
リアカメラ

12MP(1.4μm pixels) f/1.7

位相差AF(Dual Pixel)/光学手ブレ補正

インカメラ 5MP(1.34μm pixels) / f/1.7
ポート microUSB v2.0
3.5mm headset jack
位置 A-GPS/GLONASS
その他通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 2x2 MIMO
Bluetooth v4.2(A2DP, LE, apt-X)
NFC
DLNA
センサー

指紋/加速度/角速度/近接/コンパス/気圧/心拍/SpO2

OS Android 6.0 Marshmallow

Galaxy S7はPixelと同じく5インチクラスのハイエンド端末になります。

5インチのこのクラスのハイエンド端末は現状、Galaxy S7かPixelのみです。個人的には片手操作ができるギリギリのサイズがここなので、各社このサイズのハイエンド端末にもう少し力を入れて欲しいです。

 

 

外観

ホームボタン周り

f:id:teralu:20161112171109j:plain

Galaxyが初代から貫いている物理ホームボタンです。iPhoneと同様、指紋センサーが内蔵されています。また、ホームボタンの横に静電容量式のタッチボタンが配置されており、「戻る」「アプリ履歴」ボタンが配置されています。これらの並びも歴代Galaxyと変わりません。

 

底面

f:id:teralu:20161112171140j:plain

端末下にはMicro-B USBポート、マイク、スピーカー、3.5mmジャックが配置されています。各社USB-Cを採用している中SamsungだけはまだMicro-Bです。ここはリバーシブルなUSB-Cを採用してほしかったですね。

 

右側面

f:id:teralu:20161115213435j:plain

端末右には電源ボタンのみが配置されています。

 

左側面

f:id:teralu:20161115213453j:plain

端末左にはボリュームボタンが配置されています。

 

上面

f:id:teralu:20161112171414j:plain

端末上にはSIMトレイ兼SDカードトレイ、もう一つの穴は何でしょうか、ちょっとわかりません。

 

背面

f:id:teralu:20161112171125j:plain

背面にはカメラ、フラッシュ、心拍、SpO2センサーが搭載されています。カメラは少し出っ張っており、完全にフラットではありません。ただし、机などに置いてガタガタする程ではありません。

また、今回購入したのはBlack Onyxですが、背面の指紋はそこまで目立ちません。

 

 

Nexus5、iPhone7との比較

f:id:teralu:20161115215129j:plain

左からNexus5、Galaxy S7、iPhone 7です。

端末の下を揃えてありますが、縦はやはりGalaxy S7が少し長いですね。ただ、こうしてみると案外iPhone 7やNexus5と大きさは違わないようにも見えます。

 

まとめ

 さて、ここまで外観を中心にレビューを行ってきました。

ソフトや使い勝手のレビューを行いたいのですが、 長くなりそうなので後編で行いたいと想います。

Nexusの技適通過日と日本発売日まとめ

f:id:teralu:20161106193538j:plain

 

今回は過去のNexusの技適通過日と日本発売日をまとめてみました。

日本で携帯端末を発売するには技適通過は必須です。そのため、Pixelが日本で発売される場合も発売に先駆けて技適申請が行われるはずです。Pixelの型番を総務省のサイトで検索することでPixelの発売日をある程度予測することができるかもしれません。

 

  

過去のNexusの技適通過日と日本発売日

 歴代Nexusの技適通過日と日本発売日またその間の期間を調べてみました。

  Nexus One Nexus S Galaxy Nexus Nexus 7(2012) Nexus 7(2013) Nexus 4
通過日 2009年11月18日 2010年12月10日 2011年10月14日 2012年5月25日 2013年5月30日 2013年5月9日
発売日 2010年3月28日 日本未発売 2011年12月2日 2012年9月25日 2013年8月28日 2013年8月30日
期間 130日   49日 123日 90日 113日
  Nexus 5 Nexus 9 Nexus 6 Nexus 5X Nexus 6P
通過日 2013年9月11日 2014年10月2日 2014年10月10日 2015年9月29日 2015年8月14日
発売日 2013年11月1日 2014年11月3日 2014年12月11日 2015年10月20日 2015年9月20日
 期間 51日 32日 62日 21日 37日

こうしてみると概ね技適通過から2〜3ヶ月で日本発売といったところでしょうか。ただ、Nexus Sのように超短期で発売されている例もあります。

また、Nexus 6Pは通常の型番とは異なる型番で技適が申請されています。*1つまり、Nexus 6P発売前には海外で言われている型番で検索しても技適を確認することはできなかったと思われます。

もしPixelがNexus 6Pのように異なる型番で技適申請されていたとすると私たちに知るすべはありません。 

 

 

まとめ

Nexus SやNexus 6Pといった例外はありますが、技適通過から発売までの日数は概ね2〜3ヶ月での発売が一般的なようです。Pixcelが異なる型番で技適申請されていないことが前提になりますが、今後数ヶ月は発売されないのではないでしょうか?

 

  

おまけ

技適申請のタイミングはハードウェアメーカーによって異なると考えられます。そこでNexus One、Nexus 9以外のHTC機種の技適通過日と発売日も調べてみました。

  HTC Desire 626 HTC Desire EYE
通過日 2015年7月6日 2015年7月13日
発売日 2015年10月17日 2015年10月17日
期間 103日 96日

Nexus 9を除けばHTCは技適通過から発売まで約3ヶ月が多いですね。Pixelの日本発売は早くても年度末くらいでしょうか。

*1:北米版/グローバル版の型番がそれぞれH1511/H1512ですが技適申請の型番はBaymaxで申請されています。

PixelからGalaxy S7に浮気しそうという話

f:id:teralu:20161106142925p:plain

 

これまでPixelについて記事を書いてきましたが、考えすぎてPixel以外でもいいかなと思い始めてしまいました。

そう思って調べを進めていると、Galaxy S7が良さそうでした。今回はこのGalaxy S7とPixelとの比較を行い、自分なりにどちらを買うのが良いのか考えを整理したいと思います。

 

 

浮気現場

スペック比較

 Pixel(Rest of World)Galaxy S7(SM-G930F)
ディスプレイ 5" 1920x1080
AMOLED
5.1" 2560x1440
Super AMOLED
サイズ 143.8 x 69.5 x 7.3~8.5mm 142.4 x 69.6 x 7.9mm
重量 143g 152g
バッテリー 2770mAh 3000mAh
RAM 4GB 4GB
ROM 32 or 128GB 32GB
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 821
2.15Ghz + 1.6Ghz, Quad-Core
Exynos 8890 Octa
Octa-core 2.3 GHz + 1.6 GHz, Octa-Core
スロット - MicroSD(256GBまで)

3G

1/2/4/5/6/8/9/19 1/2/4/5/8
4G

FDD LTE

1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/21/26/28/32

TDD LTE

38/39/40/41

FDD LTE

1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28

TDD LTE

38/39/40/41

リアカメラ 12.3MP(1.55μm pixels) f/2.0
位相差AF/レーザーAF

12MP(1.4μm pixels) f/1.7

位相差AF(Dual Pixel)/光学手ブレ補正

インカメラ 8MP1.4μm pixels f/2.4 5MP(1.34μm pixels) / f/1.7
ポート USB Type-C™
3.5mm headset jack
microUSB v2.0
3.5mm headset jack
位置 A-GPS/GLONASS A-GPS/GLONASS
その他通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 2x2 MIMO
Bluetooth v4.2(A2DP, LE)
NFC
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 2x2 MIMO
Bluetooth v4.2(A2DP, LE, apt-X)
NFC
DLNA
センサー 指紋/加速度/角速度/近接/コンパス/気圧

指紋/加速度/角速度/近接/コンパス/気圧/心拍/SpO2

OS Android 7.1 Nougat Android 6.0 Marshmallow
価格 約77,000円 約58,000円


こうしてみると一長一短ですね。Galaxy S7の方が半年ほど早く市場に出ていることを考えると、やはりGalaxyはAndroidにおいて無視できない存在だなと再認識させられました。

ただし、どちらも①片手で扱える本体サイズ、②容量が十分(外付けSDも含む)、③RAMが4GB、④CPUがそこそこ新しい、となっており、私がAndroid端末に望む最低限がクリアされていることが分かりました。

 


Pixelについて  

メリット

デメリット

  • 価格が高い
  • 上下のベゼルが広い

Pixelは言わずもがな、Google謹製のスマホです。そのためセキュリティを含むアップデートが速やかに実行されます。また、その他Googleのサービスもリリースからすぐに使えるようになるでしょう。このように、OSを開発しているメーカーのハードというのはそれだけで十分に価値があると思います。

さらに今回、GoogleはPixelのカメラ性能を追求したとしています。実際、一眼レフなどのカメラ画質比較で有名なDxO Markにて最高スコアを獲得しています。

また、Pixelは他のスマートフォンに比べて対応バンドが非常に広いです。以下の記事でも書いた通り、いくつかの日本のローカル周波数にも対応しており、日本で使用する際に周波数の問題で悩まされることはないと思います。

teralu.hatenablog.jp

一方で現状Pixelは非常に高価です。Handtecでは32GBがVAT抜きでも約77,000円となっており、約58,000円のGalaxy S7とは約20,000円の差があります。

 

 

Galaxy S7について

メリット

  • 防水
  • 外部ストレージで拡張可能
  • 光学手ブレ補正を搭載

デメリット

  • ナビキーの配置が逆
  • Android 7.0が未配信

Galaxy S7は前作S6で公式に対応しなかった防水に対応しています。等級はIP67となっており、 かなりの防水性能を有していると思われます。さらに、外部SDカードによる容量拡張も再サポートされており、最大256GBまで拡張可能です。また、Galaxyもカメラ性能も高く、先程紹介したDxO MarkでもPixelに迫るスコアを獲得しています。

一方で、Galaxyは「アプリ履歴」と「戻る」がAndroidの標準と逆になっており、標準のAndroidに慣れた人は少々戸惑います。ナビゲーションキーの配置はAndroid 4.0から変わったのですが、Samsungは頑なに以前の配列にこだわっているようです。

また、Galaxy S7のOSバージョンですが、Pixelよりひとつ古いMarshumallowとなっています。この辺はどうあがいてもOSベンダーのGoogleスマホにはかなわないところでしょう。

※この記事を書いているときにGalaxy S7/S7 edgeのAndroid 7.0 betaテストがもうすぐ始まるとの情報が入ってきました。

forum.xda-developers.com

 

 

まとめ

PixelとGalaxy S7の2機種を比較しましたが、それぞれ長所短所があり余計自分がどちらを買うのが正解なのか分からなくなってしまいました。 

結局Pixelがいつ手頃な値段で入手可能になるかにかかっている気がします。

もし同じように悩まれている(た)方がいらっしゃいましたら、自分がどちらを選ぶ(んだ)か理由と一緒に教えていただきたいです。

 

Pixelが日本で発売されると思う3つの理由

f:id:teralu:20161030140100p:plain

発売から2週間が経ち、レビュー記事も一周した感のあるPixelですが、第2販売国の発表は依然としてありません。
今回はそんなPixelが日本で発売されると考えられる理由を整理したいと思います。

 

発売されると思う理由 

①日本独自の周波数に対応している

こちらはグローバル版のPixel/Pixel XLの対応周波数です。

Rest of World
  • GSM: Quad-band GSM
  • UMTS/WCDMA: B 1/2/4/5/6/8/9/19
  • CDMA: BC0
  • TDS-CDMA: B 34/39
  • FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/21/26/28/32/
  • TDD LTE: B 38/39/40/41

https://madeby.google.com/phone/specs/

 

注目すべきはLTEのBand18/19/21です。LTEのバンドをまとめたWikipediaによると、これらのバンドは日本国内のローカルバンドになります。これらの周波数に対応しているということは…期待してしまいますね!

ただし、日本でローミングする外国人向けという見方もできますが…

 

 

②日本語のヘルプページが用意されている

こちらはPixelのヘルプページです。アクセスしていただくとわかりますが、完全に日本語化されています。

f:id:teralu:20161025010332p:plain

 

また、このヘルプページですが、単に翻訳されただけでなく、下のように人名が日本に合わせて変えられたり、四字熟語が日本語仕様になったりしています。

f:id:teralu:20161030131635p:plain

f:id:teralu:20161030131640p:plain

https://support.google.com/pixelphone/answer/7172842?hl=ja

 

こちらは外国人向けという訳ではないですし、日本人向けでしょう。また、ページの内容はPixelというよりGoogleアシスタントについてですが、Pixelの日本発売とGoogleアシスタントの日本語対応が紐付いていると考えれば、Pixelが日本向けに発売されるのでは、と考えることもできます。

 

 

③商標が登録されている

特許庁のページで商標出願「2016-107125」を検索するとGoogleがPixelの商標を登録していることが分かります。その国で発売しないものでも商標を登録しておくことは日常的なことかもしれませんが、この記事で上げた他の理由を補佐する理由として上げておきます。

f:id:teralu:20161030133119p:plain 

 

 

 

まとめ

私なりにPixelが日本で発売されると考えている理由を3つ上げてみました。

自分で書いていて思ったのですが、現状は①と②を組み合わせてなんとなくそんな気がするという程度の説得力しかないですね。③は発売しない国で出願しても何ら不思議はありませんし。

また、日本で発売するには必ず通さなければならない技適の話もまだ出てきていません。

こう考えると、Pixelの日本発売はあるにしてもかなり先ではないか、という予感がしてしまいます。

Pixelを個人輸入するならどこがいいのか

f:id:teralu:20161020205704p:plain

 

前回お話したPixelですが、依然として日本での発売はアナウンスされませんね。

個人輸入を検討されている方もいるかと思いますので、いくつかのショップの取り扱い状況と値段をまとめてみました。*1 また、それぞれのサイトが北米版、グローバル版のどちらを取り扱っているかを問い合わせた結果も掲載しておきます。*2

 

*1:2016年10月24日時点

*2:問い合わせ結果はPixelのもので、XLについては別途問い合わせが必要です。

続きを読む

Pixelを欲しい4つの理由

f:id:teralu:20161020205704p:plain

10月4日に発表されたGoogleのPixel、Pixel XLですが、この無印が欲しくてたまりません。

久々に魅力を感じるスマホなので、なぜ自分がこの機種に惹かれるのか考えてみました。

 

続きを読む

はじめまして

はじめまして、Teraluです。

 

スマホなどのガジェットやアプリの考察、たまに雑記のブログです。

ぼちぼちやっていきますのでよろしくお願いします。