ガジェット考察

某メーカーの若手ハードウェアエンジニア。スマホなどのガジェットやアプリの考察、たまに雑記など。

【レビュー】BluetoothイヤホンB&O PLAY Beoplay H5レビュー

 f:id:teralu:20170219134250j:plain

公開日:2017/02/20

 

通勤時に音楽を聞く際のイヤホンコードが煩わしく、ずっとBluetoothイヤホンを探していたのですが、遂にB&O PLAY Beoplay H5を購入したのでレビューします。

 

スペック

まずはスペックです。スペックは以下の通りです。

  • 重さ:約18g

  • 形式:ダイナミック型

  • ドライバー径:6.4mm

  • 周波数特性: 20 Hz - 20.000 Hz

  • コード長:52cm(ハウジング含まず)

  • 電源:リチウムイオンバッテリー(充電時間/約2 時間、再生時間/最大5 時間)

  • Bluetooth バージョン:4.2

  • 対応コーデック:SBCAACapt-X

 

開封

f:id:teralu:20170219133007j:plain

外箱は高級感のある箱になっています。

蓋と箱はギリギリに設計されているのか、なかなか開いてくれませんでした。笑

 

f:id:teralu:20170219133122j:plain

箱を開けると、スポンジに埋め込まれたイヤホンが、B&Oのロゴをこちらに向けて出迎えてくれます。箱を開けた瞬間から高級感のある演出でテンション上がります。

 

f:id:teralu:20170219133202j:plain

付属品は次のとおりです。

  • イヤホン本体
  • 専用充電台
  • シリコンイヤーピース(S/M/L)
  • Complyイヤーピース(S/M/L)
  • コードスライダー(3個)
  • スタートガイド
  • ケース

 

レビュー

外観

f:id:teralu:20170219133232j:plain

イヤホン部にはB&Oのロゴが配置されており、とてもかっこいいと思います。無駄な形状もなくスッキリした印象です。

コード部は落ち着いた柄のファブリックで覆われています。

 

f:id:teralu:20170219133317j:plain

f:id:teralu:20170219133337j:plain

操作部も無駄を省いたスッキリした形状になっています。

ただ、3つのボタン全て同じ形状なので、手で触ってすぐにどこのボタンか分からない欠点もあります。 

 

装着感

最初に着いていたシリコンのイヤーピースだと正直あまり装着感はよくありませんでしたが、付属のComplyイヤーピースにするとかなり改善されました。

普段使いで気にはならない程度になったのでこのまま使用しますが、AmazonのレビューではComply Isolation TX-200を使用すると装着感が劇的に改善するとの書き込みもあります。気になるようでしたら試そうと考えています。

レビューはこちらから。

 

音質

私は凡人並みの耳しか持ち合わせていませんし、音質にも疎いです。そのため音質レビューは参考程度にして頂きたいのですが、このイヤホンは中低音域はフラットだと思います。特別低音が強いわけでもなく癖がないように感じました。

一方で高音域では音が少し軽くなるような印象を受けました。一つ一つの楽器の音が聞こえるようにも思いますが、聞き流す際には逆にその音がバラバラに聞こえてしまいました。

ただ、この高音域の違和感はイコライザを使用することで解決し、全く問題なく自然な音になりました。

イコライザにはBeoplayの専用アプリを用いました。再生側のアプリでイコライザをかけても良かったのですが、Beoplayの専用アプリはとても直感的で分かりやすかったためこちらを使用しています。

play.google.com

 

参考までに私はプリセットの「Workout」で、この辺りで使用しています。

f:id:teralu:20170219133432p:plain

 

 

その他

f:id:teralu:20170219133528j:plain

B&O PLAY Beoplay H5はイヤホンに磁石が入っており、不使用時はネックレスのようにしておくことができます。磁力は弱いので紛失防止としてはあまり期待できませんが、L/Rがくっついたことに反応してイヤホンがOFFになります。これが便利で、意識して電源OFFする必要がなく、不使用時のバッテリー使用量を減らすことができます。

また、B&O PLAY Beoplay H5は電源OFFからの復帰が早いです。通常のBluetoothイヤホンはボタンを2秒〜3秒長押ししないと復帰してきませんが、B&O PLAY Beoplay H5は1秒程度で復帰します。1秒程度の差ですが、かなり便利に感じます。

 

付属品のところで気づいた方もいるかと思いますが、BeoPlay H5は専用充電台で充電します。そのため、micro USBなど汎用的なポートで充電することはできません。私の場合は通勤時に往復1時間程度聞くだけなのであまり気になりませんが、よく出張で外出される方などには不便かもしれません。

 

まとめ

さて、今回はB&O PLAY Beoplay H5のレビューを行いました。

全体としての満足度は非常に高いです。気になった音もイコライザで気にならないレベルまでチューニング可能でしたし、装着感もイヤーピースを変更することでかなり改善できました。

なにより、コードから開放されて自由になったことがとても嬉しいです!

他のBluetoothイヤホンより少し高いですが、Apt-X対応、スッキリしたデザインなど総合的に見て完成度の高い商品だと思うので、思い切って買ってみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

コンプライ Tx-200 BLK Mサイズ3ペア HC19-20101-01

コンプライ Tx-200 BLK Mサイズ3ペア HC19-20101-01